<   2014年 10月 ( 2 )   > この月の画像一覧


跳び箱

最近はめっきりと冷え込んできました。
弊社も急激な寒さで風邪を引く人も出てきました。

さて、弊社ではイス・ソファの張替えを中心に家具の修繕を行っておりますが、
今回は、珍しい修理の依頼があったのでブログに掲載いたしました。

タイトルの通り、体操で使用する跳び箱ですが、毎日生徒さんが使うこともあり、
最上部の布が破れているので張り替えることはできませんか?というお問い合わせが
ありました。
b0246398_11345956.jpg



跳び箱という初めての案件で、戸惑いましたが、まずは現物を職人さんと一緒に
見たうえで、修理可能だという判断で引き受けました。



修理後の写真です。
b0246398_1132133.jpg



跳び箱を使う生徒さんがリフレッシュした跳び箱をみて、どのような反応をするのかを
想像するだけで楽しみです。
[PR]

by kawazoe1970 | 2014-10-28 11:35 | Comments(0)

椅子の中身

私たちが使っている椅子の背や座の生地の中にはウレタンというフワフワした素材が入っています。

修理に持ってこられるお客様の椅子はたいてい年期が入ったもので、生地の破れだけでなく、クッション材がへたっているので一緒に直していただきたいという方もいらっしゃいます。

そのクッション材のへたりをなくすために、ウレタンを入れ替えることも行っています。

で、先日ウレタンメーカーさんからいろいろなサンプルをいただいたので写真を掲載しています。

こちらの写真が普通のウレタンで書かれている文字は規格となり、それぞれ固さや感触がことなります。

b0246398_13553618.jpg


こちらの写真はチップウレタンと呼んでいて書かれている番号は数字が大きいほど固いものとなります。

b0246398_1356965.jpg


普通のウレタンは体に触れた感触はいいのですが、柔らかすぎるため、単独で使った場合は、座った際に体が安定しません。
一方、チップウレタンはコシがあって、椅子に腰を掛けた時も体が安定しますが、見た目の通り、ざらざらした感触が生地を通しても感じられ、感触の良いものではないため、通常はチップウレタンに薄い普通のウレタンをラミネートする形で使用しております。

このウレタンとチップウレタンの組み合わせや厚さで座った時の感触が大きく異なります。

修理以外にも座った時の感触に不満がある際にもお気兼ねなく、ご相談ください
相談に乗らせていただきますよ。
[PR]

by kawazoe1970 | 2014-10-11 13:56 | Comments(0)