椅子生地

今週前半は、3月にもかかわらず気温が低い日が続きましたが、昨日、今日くらいからようやく春らしく身体にあたってくる風も柔らかく感じるようになりましたね。

さて、先月、弊社で使用している椅子生地メーカーさんから生地のラインナップを変更したとのことで、最新のカタログが送られてきました。

b0246398_9223415.jpg


この際なので、椅子の張替えに使用している生地について、簡単に説明させていただきます。

生地は、大きく本革、レザー、ファブリック(布地)の3種類に分かれています。

レザーは、本革・合成皮革のことを指します。
弊社ではフェイクレザーつまり合成皮革のことを指しています。

今回は、このレザーについてお話しします。

一口に合成皮革といっても、牛革、スウェード、オーストリッチに限りく近い質感を持たせたもの、公共施設や船舶に求められる難燃性を持たせたもの、飲食店向けに耐油性のあるものや、汚れに強いもの、カラフルだったり、模様のバリエーションも様々なものとなっております。

b0246398_9233100.jpg
b0246398_9233788.jpg

b0246398_926198.jpg


他に長所としては、本革に比べて安価であることと、加工も比較的容易であることです。

短所としては、それでも本革に質感がわずかながら及ばなかったり、本革みたく長年使うことで出る味が出ないといったところでしょうか。

弊社ホームページからもメーカーのデジタルカタログで生地を見ることが出来ますので、一度覗かれては如何でしょうか?

また、どういった質感かは、弊社に置いてある生地見本を触ってみればわかるので、弊社に気兼ねなくお越し下さいませ。
ファブリックと本革についても、随時書かせていただきます。
[PR]

by kawazoe1970 | 2015-03-16 12:30 | Comments(0)
line

川添商店の紹介


by K.z
line